新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ドレミミズク(^-^)ノ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

シーカヤックマラソンの思い出

各艇いっせいにスタート!! シーカヤックマラソンのスナップ集←クリックしてのぞいてみてください。パスワードは【hirakegoma】です 


 ようやく涼しくなってきたようで、パソコンの調子も安定してきました。そこでずいぶん時間が経ってしまいましたが、以前お約束していたシーカヤックマラソンの写真と思い出話をひとくさり^^

7月2日朝9時30分、大会開始。部門別に時間差で各艇一斉にスタートします。私は前日のリサーチで今回も参加者が多いので少し遅れても余裕でいくつかはスタートの写真が撮れるだろうとふんでいたのですが、10分遅れで到着したら、もう最後の部門のスタートにしか間に合いませんでした><でも何十ものシーカヤックが一斉に船出する様子はなかなかの眺めで、福岡のお祭りの山傘のスタートの時の興奮を思い出しました。ギリギリひとつでも間に合ってよかった!

シーカヤックは思ったよもずっとスピードがあり、スタートしたかと思ったらみるみる小さくなって、海峡の向こうに消えていきました。スタートして帰ってくるのは、早い艇でハーフ2時間、フルマラソン3時間余り、遅い艇になると7時間くらいかかるといいます。(参考MAP) それでもシーカヤックの大会に出よう、なんて方々はとてもタフでご陽気!大会後の授賞式から後夜祭までたっぷり楽しんでいらっしゃました。

 踊る阿呆に見る阿呆♪


後夜祭はワーキャ(私たちの)島の唄者中孝介くんのライブ!!私は息子のミニバスで出すことになった夜店を手伝いながら、リハーサルからその美声にうっとり。本番でもたっぷり堪能させてもらえて幸せでした。最後は島の人が集うときにはかかせないダンスナンバー【六調】を中孝介くんが弾いて、おおいに盛りあがり、熱く楽しい一日はお開きとなりました。

最後の最後に、孝介くんに、歌ってる最中に焼き鳥を叩き売りして歌の邪魔してしまったことを謝りたいです。来年また来てくれたら、焼き鳥を差し入れさせてもらいます!!



スポンサーサイト
テーマ: 海のある風景 -  ジャンル: 写真
by ドレミミズク(^-^)ノ  at 01:57 |  【花鳥風月】島チュ・島ネタ・島あしび |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

梅雨明け宣言!!

雲に呼ばれて 歩いてみたんだ


6月20日 奄美は梅雨明けしました。今年の梅雨は、去年より3日遅れではじまり、一週間早くあけたそうでとりあえずはラッキー♪と思っておきましょうか。
(自然界のことは長い目でみないと、良いか悪いか判断がつきにくいので難しいのです)

さてこれから奄美は、もっとも南国らしい時期に突入します。暑さが半端じゃありません。まさに肌を焦がす暑さで、冗談じゃなく暑いというより痛いです。なにせ亜熱帯ですから。

それでも奄美の夏には、人が集まってきます。晴れわたった海と空に元気をもらいに。イベントや祭りも目白押し。島が活気づきます。地元の特にお年寄りには過酷な季節だと思うのですが、祭りなんかにいくと元気なお年寄りが多いのにびっくりさせられます。

うちのオカンも二年前までは元気な方の年寄りでした。ずーっとさかのぼって40年以上前には、二晩くらい寝ないで踊り明かしたこともあったとか。二晩となると私はつきあえないので、せめて一時間くらいお祭りに参加できるくらいに元気になってくれたら嬉しいのですが。

骨の具合がもう少し落ち着いたら浜に下りて、潮風のマッサージを受けに連れて行こうと思っています。

山下達郎/高気圧ガール♪にのせてポチッと応援オネガイシマス(⌒ ⌒)(_ _)

テーマ: 写真日記 -  ジャンル: 日記
by ドレミミズク(^-^)ノ  at 23:51 |  【花鳥風月】島チュ・島ネタ・島あしび |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

島にウモーレ!

バナナ

               (時空庵さんのお庭にて)

二週間くらい前に時空庵さんのお庭で撮らせて頂きました。立派な島のバナナです。まるで手でウモーレ(おいでおいで)をしてるみたいです。

そういえば時空庵さんのご夫婦もいつもウモーレの人たちで、ついつい遊びに行きたくなる雰囲気があります。お二人とも島に親類がいるわけでもない生粋のナイチッチュ(都会の人)だというのに、島に来て三年足らずですっかり心までシマッチュになられたようだと思うことがあります。

そんな時空庵さんに惹かれて島の人だけでなくナイチからもたくさんの方が訪ねてきます。ご主人は本業の絵描きさんの仕事に支障がでているようです(笑)

6月10日テレビ朝日の【人生の楽園】←(クリックでバックナンバーがみれます)という番組で時空庵さんご夫婦が紹介されました。
楽園
 


番組の中で御主人が『奄美は日本一、いや世界一の島かもしれません』とおっしゃってくださったのが島生まれのくせに島をあまりよく知らない私にはとても印象的でした。一緒に見ていたオカンは『アリゲティナチュンキャじゃやー』(ありがたい人たちだね~)といたく感激していました。

島で過ごした月日より、離れていた期間の方が長いという中途半パなシマッチュの私ですが、これからもっとちゃんと島のいいところをみつけて、私の島にウモーレと大きくいえるようになりたいと思っています。このブログでもいろいろ紹介していきますので、お楽しみに~♪

島唄でお祝いの席でまず歌われる 朝花節♪にのせてポチッと応援オネガイシマス(⌒ ⌒)(_ _)
by ドレミミズク(^-^)ノ  at 00:52 |  【花鳥風月】島チュ・島ネタ・島あしび |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

端午の節句によせて

ちまき


5月31日は、旧暦の5月5日です。島の行事は旧暦で行われ、特に3月3日は大々的にやるので忘れたりしませんが、5月5日は印象が薄く?ノーマークでした。

友人が笹の葉でまいたちまきを持ってきて来てくれたので、何事?
と聞くと『今日は端午の節句じゃがね~』と言われ、そっか!!と思い当たった次第。聞けば彼女のお母様の手作りのちまきとかで、ありがたくいただいてまずは仏壇にお供えしました。

その後バスケの練習から帰って来た息子がお腹すいた。何かなあ~い?と言うので、ちまきもらったよ。お仏壇からもらっておいで。といって私はカメラを探しました。ちまきの中身を撮影したかったのです。ところが、ほんの短い時間だったのにもう最後の一口を食べようとするといころで
あわててシャッターをきったのがこの写真ですペロリ

もうちょっと味わって食べてよ、という私に、もう無いの?という息子><

小さい頃はよく熱を出して夜中に病院にかけこんだことも何度もあった息子です。小学校入学の頃は食が細くてちょっと神経質。怖がりの運動音痴(と親は思い込んでた)。同級生についていけるかしらと心配していたことも昨日のことのようですが、いつしかバスケに燃える食欲旺盛なひょうきん少年に変身していました。

親の願いも欲を言えばキリがありませんが、最終的に絞り込むなら、元気で優しく育ってくれることでしょうか。いただいたちまきに親の願いをもう一度確認させてもらいました。Aちゃんのおばちゃんに感謝ですm(_ _)m

ポチッと応援オネガイシマス(⌒ ⌒)(_ _)



by ドレミミズク(^-^)ノ  at 09:47 |  【花鳥風月】島チュ・島ネタ・島あしび |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

桃の節句・・・ところ変われば

雛


今日新暦の3月3日。桃の節句ですね。今年は娘が幼稚園で作ってきた雛人形を飾っています。福岡の雛人形が、押入れの中で寂しがってるだろうな~なんて母の感傷には我関せず、6歳の娘は自分の作った雛人形で十分満足げ。

そもそも雛人形の由来は?なんてあらためて調べてみました。
上巳の節句(桃の節句・雛祭り)
上巳の節句は五節句の一つで、元々は3月上旬の巳の日でしたが、後に3月3日に行われるようになりました。旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから「桃の節句」とも言われます。 古来中国では、上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣がありました。これが平安時代に日本に取り入れられました。後に、紙で小さな人の形(形代)を作ってそれにけがれを移し、川や海に流して不浄を祓うようになりました。この風習は、現在でも「流し雛」として残っています。
 ですって。

奄美では旧暦の3月3日(今年は3月31日)のひなまつりの日に海岸に下りて貝を拾う『はまおれ』という風習があります。この日は仕事も休み、学校も早く終わって町中の人が貝拾いをするのです。行かないとカラスになるよ、と脅されます(笑)新暦の由来に照らして考えてみると、たぶん不浄のもの(その象徴がカラス)をよせつけないようにという意味や節句のお祝い、海の神様に感謝する、この日に海に入って今年の無事を祈るとかいろいろな意味合いがあるのだと思います。

さて新暦のひなまつりはどうしましょ。ぼちぼちひなあられとちらし寿司の材料買いにいってきますか。

ポチッとお願いします。

by ドレミミズク(^-^)ノ  at 13:32 |  【花鳥風月】島チュ・島ネタ・島あしび |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

方言のお勉強

曲がり角


なんちゃって」主婦の生活さんの方言という記事を読んで、以前読ませていただいたキノのしずく*にっき*さんが日本語は難しいっていうお話されてたな、と読み返してきました。

同じ日本なのに京都と福岡でもずいぶんと雰囲気が違うものです。ことばのなりたちなんて難しいことはわかりませんが、その土地柄や気質なんかも方言には関係しているのかしらと考え出すととても面白いです。

奄美は鹿児島県に入りますが、ことばは沖縄の方言にとてもよく似ています。お年寄りのしゃべる本物の方言はすごいです(汗)奄美で産まれた私ですら通訳が欲しい時があります。単語そのものが違うものも多いので予測するのも難しいのです。

奄美の方言がどんな感じか、三月一日の日記(墓参り)の最初の部分を母に聞きながら書き取りをしてみました。
   キヌヤ 墓モリ シーキャオーテド。島ナンテイャ
   旧暦ヌツイタチン シュンチューヌ ウフーサン。
   島ヌチュウヤ 墓ヤキュラーサシュン ナライナンティ
   「キュラーサスリバ キムヌハレユン」チウモーチ
   ・・・

という感じになります。奄美の中でも微妙にイントネーションが違ったり言い方が違ったりするそうで、今の私にはお手上げ><でも娘に習わせている島唄を理解するためには、方言を知らないと唄の意味を理解できないので今少しずつ勉強をはじめたところです。ネットで奄美方言音声データベースというのをみつけて、辞書がわりに使わせていただいています。こうなるとほとんど外国語を勉強してるみたいですよねぇ(苦笑)

ポチッとお願いします。


 
テーマ: 写真日記 -  ジャンル: 日記
by ドレミミズク(^-^)ノ  at 18:31 |  【花鳥風月】島チュ・島ネタ・島あしび |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

娘のお稽古

6歳の秋から娘に、島唄を習わせて数ヶ月経ちました。はじめのうちは嫌々という感じで、教本に落書きしたり、居眠りしたり、先生ごめんなさいf^_^;状態でした。

島唄



ところが最近少しやる気がでてきたようで、家でも練習するようになり、母としてはしめしめという感じです。

島唄でのどを鍛えて、第二の元ちとせちゃんを狙わせます!というのは冗談ですが、身を助ける程までいかなくても、彼女の人生の彩りの一つになってくれたらいいなぁと考えている母なのでした。



↑ 携帯で撮影したもので画像が荒くてすみません。

ポチッとしていただけるとうれしいです。 
by ドレミミズク(^-^)ノ  at 08:27 |  【花鳥風月】島チュ・島ネタ・島あしび |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
プロフィール

ドレミミズク(^-^)ノ

Author:ドレミミズク(^-^)ノ
奄美大島で暮らす、バタバタママです。しばらくお休みしてましたが、また復活します。よろしくお願いします☆



↑ 娘きららの分身^^クリックするとしゃべります☆

今日の格言
あ~いい漢字
FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事+コメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしく お願いいたします。

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
【合縁奇縁】お気に入り♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。